You are here:-学校の成績が優秀の人は、実社会のナンバーワンにならない2つの理由
  • View Larger Image

学校の成績が優秀の人は、実社会のナンバーワンにならない2つの理由

こんにちは!関達也()です!

学校の成績が良ければ、
実社会で大活躍できるかというとそうではないようです。

実際、成績がずば抜けて良かった人は
一線を率いたりするわけではなく、
どちらかというとシステム内におさまるタイプ
ほとんどのようです。

僕自身も、学校教育は扱いやすい人を育てるような
一面があると認識していました。

首席の生徒は、世界を変革したり動かしたり世界中の人々に感銘を与えるまでになる者はゼロ

ボストン・カレッジの研究者カレン・アーノルドが
1980年代〜90年代にイリノイ州の高校を
首席で卒業した81人のその後を調査したそうです。

彼らの95%が大学に進学し、
平均成績は非常に優秀で
さらに60%が1994年までに大学院の学位を取得。

その90%が専門的キャリアを積み、
40%が弁護士、医師、エンジニアなどの
社会的評価の高い専門職に就きました。
 
 
しかし彼らの中に、
世界を変革したり動かしたり
世界中の人々に感銘を与えるまでになる者はゼロ

だったようです。
 
 
『残酷すぎる成功法則』では、
なぜそうなるのかの第一の理由に

学校は基本的に、規則に従い、システムに順応していこうとする者に報奨を与える。

を挙げています。

 
首席の生徒は、
「一番勤勉であるけれど、一番賢いわけではない」
「教師が求める答えを出すことが、良い成績に取るには大事」

などと答えています。

成績優秀というのは、
あくまでも学校の枠組みの中だけというのが
よくわかる発言ですね。

すべての科目を平均以上に出来る生徒が成績優秀とする学校

第二の理由には、

すべての科目で良い点を取るゼネラリストに報いる学校のカリキュラムにある。学生の情熱や専門的知識はあまり評価しない。

彼らは仕事でも私生活でも万事そつなくこなすが、一つの領域に全身全霊で打ち込む方ではないので、特定分野で抜きん出ることは難しい

を挙げています。
 
学校は、すべての科目を
平均以上に出来る生徒が成績優秀
と評価されますよね。
 
そのような生徒が
特定の分野に情熱を注ぎ込むことは、
限られた時間の中で不可能でしょう。

 
 
「学校教育のすべてが実社会に役立たない」とは
もちろん言い切れません。

しかし、僕はかねてから
学校教育は、個を伸ばす教育ではなく
平均的にできる生徒や扱いやすい人を量産するシステム
だと
感じていました。

だから、個がますます多様化していく
これからの社会を考えたときに、
旧態依然の教育システムに疑問を持っています。

  
しかし、多くの先生たちは
先生という職業以外の実社会を経験していないため、
教えられることは限られるでしょう…

 
 
さらに今の社会は、日に日に変化しています。

先生たち自ら、新しい情報や価値観を
積極的に受け入れる必要性があると感じています。
 
 
エビデンスからわかることは、
成績だけで人を判断するのも誤りということです。

人によって情熱を注ぐ対象や傾け方も違います。
 
純粋に学びたい、好きなことを伸ばしたいという子供たちこそ
未来を創って行く大人になる気がしてなりません。

 
ひとまず僕の子供たちには、
そういう大人になるよう教えていきたいと思っています!
 
  
〜終わりなき探求の旅は続く~
 
自分史上最高の人生を創ろう!

 

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?
長時間労働は好きですか?嫌いですか?

人気の記事