AIで賢くなった「Google ニュース」アプリを使ってみました!

こんにちは!関達也()です!

先日の「Google I/O」で発表された
新しい「Google ニュース」アプリが、
日本でリリースされたので早速使ってみました!

全体的にシンプルな画面で
見やすかったので、
紹介したいと思います!


 

人気のニュースアプリと言えば?

ニュースアプリでメジャーなのは、
「スマートニュース」や「グノシー」、
「Yahoo!ニュース」だと思います。

ただ僕は、これらのニュースアプリは使ってません。

以前使ってましたが、
必要ないニュースがたくさん目につくので
時間の無駄だと思い削除したのです。

 
 
今は、「NewsPicks」一択です。
ちなみにアカデミー会員(有料会員)です。

 
他の情報収集先として、
ブログ(RSSリーダーで収集)や
Twitterを使ってます。

「Google ニュース」は、ニュースキュレーションアプリ

さて、「Google ニュース」ですが
様々なメディアのニュースを収集した
「ニュースキュレーション」
となってます。
 
 
左がトップ画面の「ヘッドライン」
右が「おすすめニュース」の画面です。


 
 
トランプと金正恩が並び、
すごい図になってます、、

世の中の関心が高い「ヘッドラインニュース」

「ヘッドライン」は、
世の中の関心が高いニュースです。

カテゴリには、
「最新」「日本」「国際」「ビジネス」
「科学&テクノロジー」「エンタメ」
「スポーツ」が並びます。

あなたにおすすめのニュースがピックアップされる「おすすめニュース」

「おすすめニュース」は、
あなたにおすすめのニュースを
TOP5にピックアップして並べてくれます。

ちなみに僕は、
TOP5のうちの3つが
iPhoneやiPadのニュースでした。
 
 
その後には、
おすすめニュースや
ローカルニュースが並びます。

見ていくと、
確かに僕が興味のあるニュースが
並んでました。
 
 
Google ニュースには、
Googleアカウントが紐づけされます。

いつも使うブラウザがGoogleクロームだと
すぐにニュースがパーソナライズされるわけです。

さすがGoogleです。

1つのニュースを多方面から見れる

気になるニュースの下の
「すべての記事を表示」をタップします。

すると、該当のニュースの
各メディアの記事が表示されます。

1つのニュースを多方面から見れますから、
これは便利だと思いました。
 
 
新発売のキングジムのポメラ
「DM30」の記事が気になった
ので、
読んでみました。

けっして女性の写真に
釣られたのではありません笑

後で読んだり共有もできます

気になった記事は
「後で読むために保存」
「共有」ができます。

これは使い勝手いいですね。
 
 
文字を書くだけに特化したポメラ。

新型の「DM30」も、
尖った商品ですね〜

アルカリ電池に戻ったことが評価されてます。

気になるメディアをフォロー

メニューの一番右には、
「新聞・雑誌」があります。


 
 
気になるメディアをフォローできます。

フォローしたメディアは、
「お気に入り」で確認できます。
 
 
以上です!

使い勝手はとてもシンプルで使いやすいです。

しばらく情報収集先に
使ってみたいと思います!
 
 
〜思考と行動で人生を変える~
 
自分史上最高の人生を創ろう!

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2018-05-17T16:28:02+00:00 2018年 5月 17日|Categories: Google, アプリ|Tags: , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング