デュアルライフよくある3つの質問。東京から宮崎へ移動しました!

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!
 
無事、宮崎に到着しました!


  
 
宮崎はいつも空が広い。


 
 
デュアルライフの話題で
よく聞かれることが3つあります。
 
それは、
「どのくらいのペースで行き来してるの?」
「どこに泊まってるの?」
「家族は?」

という質問です。
 
 
デュアルライフに興味を持っている方が、
周りにも増えてますので少し書きたいと思います。

デュアルライフ、いろいろなケース

デュアルライフと言っても、
いろんなケースがあるようです。
 
 
行き来のペースであれば、
例えば、「年に数回」だったり、
「毎月や毎週」行き来したりなど。
 
泊まる場所であれば、
別荘や別宅(マンション、セカンドハウス)、
ホテル、民泊、シェアハウス
などです。
 
 
実家というケースも、あるようです。
 
帰省では?という気もします。
ペースが年に数回であれば特に。
 
ただ、自由に実家に行けるフリーな人の場合は
デュアルライフに当たるのかもしれません。

1ヶ月の半々を、それぞれ宮崎と東京で過ごす

僕のデュアルライフは、
1ヶ月の半々を宮崎と東京で過ごしてます。
 
2週間くらいで移動するペースです。
 
たまにイベントの関係で、
イレギュラーな時はあります。

東京はマンションをセカンドハウス契約

泊まる場所ですが、
東京はセカンドハウスとして
マンションを普通に賃貸契約
しています。
 
場所は、港区の麻布地区です。
 
あえて、宮崎と対極の場所を選びました。

港区は静かで治安良く住みやすいエリア

港区というと、
騒がしく物騒なイメージがあるかもしれません。
 
ただ、一歩通りに入ると
とても静かで人通りも少ないです。
 
近辺に大使館がたくさんあるので、
治安も良いことでも知られています。
 
 
また、周辺は意外に緑が多いです。
 
マンションや戸建ての多くは、植木をしています。
 
また、大きなものでは有栖川公園など
緑が多い公園もあります。
 
 
また、羽田空港も近いので
利便性も高い
です。

家族は宮崎

家族は宮崎です。
 
現在のところには、
3年半前に宮崎市内から引っ越しました。
(東京を契約した年と同じです)
 
 
僕が東京にいるときに、
次女(小3〜4)をひとりで飛行機に乗せ
宮崎と東京を行き来させたことがあります。



 
デュアルライフをしていたからこそ、
できたことでした。

引っ越ししてきた回数は約20回

昔から、一定のところに留まることが苦手です。
 
どれくらい苦手かというと、
高校を卒業してから今まで
引っ越ししてきた回数は約20回です。
 
自営なので、転勤などではなく自らの意思です。
 
 
移動したり、場所を変えることが好きなのです。
 
だから、自分の家を買おうと思ったことが
一度もありません。

協力的な妻

そんな僕のことを、
嫁は昔からよく理解してくれています。
 
だから、自由に飛び回ることについて
はじめから賛成で協力してくれました。
 
 
僕は、3人子供がいるパパでもあります。
 
世間には「家にいなくていいの?」と思う人も、
少なからずいます。
 
 
ただ、それについては家庭それぞれの問題であり、
僕は僕なりの哲学があります。

子どもたちには、パパの背中を見せたい

長女が生まれた2001年から2012年までは、
僕はほぼ在宅で家族とずっーと一緒でした。
 
2012年暮れから、飛び回るようになったのは
僕の新しい使命感のもと動き始めたからです。
 
 
子どもたちには、
新しい働き方や生き方を背中で見せる
決めました。
 
子どもたちはまだ学生なので、
答えはまだわかりません。
 
ただ、僕のスピリットを
感じてくれていると思っています。

デュアルライフに向いている人

こうして自分を振り返ると、
今の僕にはデュアルライフが強く向いています。
 
やるべくしてやった感があります。
 
 
あなたが、デュアルライフに
向いているかは分かりません。
 
僕の例から向いている人を挙げるとすれば、
「移動することが好きな人」
「飽きっぽい人」かもしれませんね。
 
 
〜自由に働き、自由に生きよう!~
 

↓関からのお知らせ〜

★収入・仕事保証!
Webライター起業塾「12月説明選考会」参加者募集!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読み継がれている
読者6万人『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

By |2018-11-23T18:02:52+00:002018年 11月 23日|Categories: デュアルライフ, 東京, 宮崎|Tags: , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

先が見えない時代、あなたは何を選ぶ?フリーランス、パラレルワーカーの時代が来てます@ランサー…

バリ島在住の事業家さんが、僕の個人コンサルを依頼した理由にビックリ!

深夜のマックで午前3時に締め出されました@マクドナルド 六本木ヒルズ店

13年以上お世話になっている「まぐまぐ!」本社で、打ち合わせしてきました!@西五反田

深夜のファミレスで午前4時@麻布十番

東京タワー ハートマーク 六本木けやき坂イルミネーション

東京タワーのハートマークが可愛い〜@六本木けやき坂イルミネーション