ギルドの時代が来てる!会社員でもない、フリーランスでもない、新しい働き方『GUILD SUMMIT』に参加しました!

こんにちは!デュアラー™関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

銀座SIXで開催された
「GUILD SUMMIT」に行ってきました!

銀座SIX 「GUILD SUMMIT」
 
 
このイベントのテーマは、
「会社員でもない、フリーランスでもない、
あたらしい働き方」

 
 
言わずもがな、
僕が以前から探求し実践しているものです。
 
最先端の情報や気鋭の人たちの雰囲気を期待して、
楽しみにしていきました!

主催会社はランサーズ

選ばれた方のみ参加できたイベントでしたが、
満員で凄い熱気でした。
 
主催会社はランサーズ
 
テーマからして、フリーランスを推進する
イベントではない感じでしたので、
ランサーズ主催というのは少し驚きましたね。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ゲストは箕輪厚介さん

ゲストは、あの幻冬舎の箕輪さんでした。


 
久しぶりに箕輪節を生で聞いて、
変わらぬ熱さを感じました。

箕輪厚介 「GUILD SUMMIT」
 
 
2017年にセブで初めて会ったとき
ホントに面白い人だと思いましたが、
さらに活躍の場を広げていて凄いですね。

ギルド(技術者の集団)を司る経営者

登壇者の方々は、興味深い人ばかりでした。
 
ギルドと言われる「技術者の集団」を機能させて、
事業開発やアプリ開発をしたりというモデルが
増えているようです。
 
 
ある意味「文化祭」のようなノリで、
これまでの「働く」という言葉の概念を
変えていっている印象
を受けました。
 
ギルドが一般化してくると、
フリーランスの環境も益々変わると感じましたね。

新しい働き方の流れは、東京が発端

これまでにランサーズのイベントに参加したり
フリーランスの方々ともたくさんお話したりして、
情報収集しながら分かったことがあります。
 
 
それは、このような新しい働き方の流れは、
やはり仕事や経済が集中する
東京が発端になることが多い
いうことです。
 
だから、恩恵を受ける人は
東京(関東周辺)がどうしても大きいです。
 
地方との収入の差も、そこに現れてますね。

地方こそチャンスあり!

とはいっても、今は昔と違って
どこにいても仕事ができる時代
です。
 
工夫して行動すれば、
地方の人でも収入を増やすことは可能です。
 
 
また、日本の人口減少を考えると
これから地方にどんどん目を向けないと
いけない時代だ
とも思っています。


 
時代が変わるタイミングでは
地方こそチャンスがあるし、
地方にこそ面白いことがあります。

  
僕自身もそこに取り組んでいるので、
多くの人がその工夫が安易にできるよう
頑張っていきます!

おまけ:麻布十番のファミレスでひとり考え事

「GUILD SUMMIT」に参加した帰り道、
ファミレスに寄りました。


 
 
ラクトースフリーしてるけど、
たまにはソフトクリームも、、


 
 
甘いもので脳を働かせながら、
これからの計画を立ててました!
 
 
☆自由に働き、自由に生きよう!☆
 
「GUILD SUMMIT」 箕輪厚介

↓関からのお知らせ

★月3〜5万円を堅実に稼げる「副業、複業」にご興味がある方へ

★関達也の個人コンサルティング
一緒に解決方法を見つけていきます。
宮崎・東京・スカイプ、出張(全国対応)で募集中!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読み継がれている
読者6万人『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
デュアラー™(宮崎⇔東京デュアルライフ)/起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

決定版!自分を変える3原則【音声マガジン Vol.13】

時給単価を10倍にする方法【音声マガジン Vol.12】

危機感ないとヤバイ「これからの日本」

ニューパワー(個人の力)を手に入れる方法

関達也の週間つぶやきまとめ【2019/06/10 – 2019/06/16】

お金を稼ぐ3つの方法。一番大きく稼げる方法はどれ?【音声マガジン Vol.11】