You are here:--一元論

万物は流転する(パンタ・レイ)〜人間嫌いから孤高の人生を送った暗い哲学者「ヘラクレイトス」

万物は流転する(パンタ・レイ)〜人間嫌いから孤高の人生を送った暗い哲学者「ヘラクレイトス」 「暗い哲学者」や「泣く哲学者」、「謎をかける人」と呼ばれたヘラクレイトス ピラゴラスと同じように万物の根源を「物質の大もと」としてとらえなかったのがヘラクレイトス(紀元前535年〜紀元前475年頃)だ。 ヘラクレイトスはギリシアのイオニア地方エフェソス出身で、大変思想深い自然哲学者だった。貴族で身分が高かったらしい。しかし、人を見下したり、極度の人間嫌いで愛想や人付き合いが非常に悪かった。 [...]

万物の根源は水だ〜最初の哲学者ミレトス学派「タレス」

万物の根源は水だ〜最初の哲学者ミレトス学派「タレス」 自然現象や自分をとりまく世界における諸現象のすべてを神の仕業にしているが、それは正しいのか? 宇宙とは何か?どうやって宇宙が誕生したのか?生命はなにが創り出したのか?神なのか?神は誰なのか?、、、 哲学はそうやって誕生したのだが、哲学が生まれる前までの世界は、宇宙を「神々の世界」ととらえていた。 当時はそれでよかった。しかし、紀元前8世紀半ばからギリシア半島にはポリス(都市国家)が誕生し始め、紀元前6世紀頃から奴隷制度ができていく。重労働や雑用を奴隷にやられせることで、生活に追われていたギリシア人に時間ができ始めたのだ。 [...]