You are here:-万物は流転する(パンタ・レイ)〜人間嫌いから孤高の人生を送った暗い哲学者「ヘラクレイトス」

万物は流転する(パンタ・レイ)〜人間嫌いから孤高の人生を送った暗い哲学者「ヘラクレイトス」

「暗い哲学者」や「泣く哲学者」、「謎をかける人」と呼ばれたヘラクレイトス

ピラゴラスと同じように万物の根源を「物質の大もと」としてとらえなかったのがヘラクレイトス(紀元前535年〜紀元前475年頃)だ。

ヘラクレイトスはギリシアのイオニア地方エフェソス出身で、大変思想深い自然哲学者だった。貴族で身分が高かったらしい。しかし、人を見下したり、極度の人間嫌いで愛想や人付き合いが非常に悪かった。

「暗い哲学者」や「泣く哲学者」、「謎をかける人」と呼ばれた。

この世界には、永遠不変な存在はなく、形を変えて流れ去っていく「万物は流転する(パンタ・レイ)」

ヘラクレイトスは、万物は絶えず流動し変化するものだ(万物は流転する)と結論づけた。この世界には、永遠不変な存在はなく、形を変えて流れ去っていくということだ。

ヘラクレイトスは、川の例を挙げ「同じ川に二度と入ることはできない」と述べている。
昨日入った川と今日入った川があるとする。「川」という言葉では同じ「川」だが、昨日と今日とでは川に足を入れたときに水は流れ続けている。

タレスやアナクシメネス、デモクリトスなど、万物の根源を不動のものと考えたミレトス学派の哲学者と、ヘラクレイトスの世界は絶えず変化するという「万物は流転する(パンタ・レイ)」は正反対の考えである。

同じ川に二度と入ることはできない〜ヘラクレイトス

ヘラクレイトスや哲学を知るおすすめの書籍

 

By | 2017-11-15T15:40:33+00:00 2017年 2月 17日|Categories: ギリシャ, 一元論|Tags: , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事