| 

【成功四字熟語3】威風堂々、老驥伏櫪、朝三暮四

「成功し続ける四字熟語」シリーズ、
今日は次の3つの四字熟語を紹介します。

「威風堂々」「老驥伏櫪」「朝三暮四」です。

では、順番にいきます。
 
 
★威風堂々(いふうどうどう)

意味は「態度や雰囲気に威厳が満ち溢れて立派なさま」のことです。

「威風」は、周囲を圧倒するような威厳に満ちるさまを言い、
「堂々」は立派で力強いさまを言います。

オーラという言葉がありますが、まさにそんな感じでしょうか。

成功者は威風堂々としている人が多い印象があります。

成功するには成功者の真似をするといい、と言われていますが、
成功者の外見を真似て成功者のように振る舞うやり方もあります。

ただ、威風は外面だけでは真似できるものではなく、

やはり内面から発せられる威厳や気品、自信などが
相手に伝わってこそのものだと感じます。
 
 
★老驥伏櫪(ろうきふくれき)

意味は「年老いても若者と変わらぬ大志を抱くこと」です。

「老驥、櫪に伏す(れきにふす)」と訓読します。

「驥」は千里を走る駿馬、「櫪」はくぬぎの木のことで、
細かい意味は端折りますが、ここでは馬小屋のことになります。

年老いた駿馬が活躍の場を失って、馬屋に伏してながらも、
若い頃の千里を駆ける志を捨てない意味からきた言葉です。

歳を重ねるごとに、人生に失望したり、夢を失ったり、
自分の可能性を少なくしたりする人が多いように思います。

長く生きているということは、
現実的に残された時間は短くなっていくことを意味します。

でも、夢を見たり、実現したりできるのは
けっして若者だけではないです。

【成功体質2】で書きましたが、今、この瞬間が一番若いのです!

 
いつでも人生をリセットできますし、スタートできます!
そんな勇気や希望を与えてくれる言葉ですね。
 
 
★朝三暮四(ちょうさんぼし)

意味は「目先の違いにとらわれて、
結局は同じ結果なのに気付かないこと」です。

ちなみに、「言葉巧みに相手を欺く」という意味にも使われます。

この言葉は、中国宋の狙公が飼っていた猿に、
実を「朝3つ晩4つ与える」と言ったら猿は怒り、
「朝4つ晩3つにする」と言ったら大いに喜んだ、
という故事からできました。

物事は目先のことで判断するのではなく、
本質を見極める目が必要だな、
と再確認できる言葉です。

なお、今の時代はスピードを求めらますし、
成功にもスピードが大事だと思っている人が多いと思います。

それを否定するつもりはありませんが、先を急ぎすぎるあまり
目先のことばかりにとらわれ、結果的に損をする人は多いです。

私も経験済みなので分かるのですが、
言葉や情報に惑わされず、じっくりと判断することは必要ですね。
 
 
以上、「威風堂々」「老驥伏櫪」「朝三暮四」の3つをご紹介しました。
お役に立てばうれしいです。

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

【48セット限定】ビッグセール!!
「年収1000万円 ひとりビジネスの教科書」




  


コメントを書く

By | 2018-01-01T00:30:45+00:00 2012年 2月 29日|Categories: 四字熟語|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

青島に家族で行ってきました!かき氷が安くて大盛りすぎる!@宮崎

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/09 – 2018/07/15】

宮崎で久しぶりにランニング!

東京→宮崎へ!今月2回目の東京⇔宮崎往復

超軽量でシンプルなステンレスボトル(水筒)を買いました!特徴と注意点のレビューします!タイ…

上野の「五條天神社」と浅草橋の「銀杏岡八幡神社」にお礼参りに行ってきました!


人気の記事ランキング