You are here:-マクドナルド 100円バーガーの儲けの秘密

マクドナルド 100円バーガーの儲けの秘密

先日、「ダブルクウォーターパウンダーチーズを食べた」を
記事に書きました。

マクドナルドって、MACにいた原田泳幸氏が社長になってから、
すごく伸びた会社になりましたが、
よく言われるのが、100円バーガーって儲かっているの?
という話題だと思います。

なんかの本では、100円バーガーではほとんどもうからないが、
ポテトやドリンクで儲けを出している、という説もありました。
 
 
確かにそれもあるだろうな~って思っていましたが、
プレジデントの記事では下記のとおり
100円バーガーで利益が出ていることを細かく分析していました。

94年当時、ハンバーガー1個が210円だった頃は、
営業利益はわずか1個あたり12.9円だったそうです。

これから考えれば、1個100円だったら大赤字ですよね。
 
 
しかし、100円にしたことで、販売数量が爆発的に増加。

なんと、1個当たりの固定費が大幅に圧縮され、
その結果、1個当たりの営業利益が
12.9円から34.7円の2.7倍になったそうです。
 
 
ハンバーガーを半額以下にしたのに、
営業利益が2倍をゆうに超えるという結果には驚きですね。

お客さんも増加するので、
ハンバーガー以外のサイドメニューでも儲かりますよね。

そうやって、マクドナルドは業績を上げていったのですね~
また、ハンバーガーが食べたくなってきた(笑)

 

By | 2017-10-22T20:01:48+00:00 2009年 4月 3日|Categories: 儲かるビジネスの本質|Tags: |0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事