ウン ⇒ 今日は、運について…
 
 
 運がいい!
 
 運が悪い!
 
 
 生きていれば、どちらも経験します。
 
 
 運は不思議なもので、どうにもならないと考えがちですが、
 
 見れば分かるとおり、運は「運ぶ」と書きますよね。
 
 
 つまり、いいことも、わるいことも自分で運んでくるということとも
 
 言えます。
 
 
 運が悪いと感じるときは、なぜか、そういうことばかり起こります。
 
 私は、振り返ると、そういう時期が本当にありました。
 
 
 そういう時の自分はとても暗く、いつも下を向いていたり、
 
 また、人と目をあわすのも嫌だったりしていました。
 
 
 やっぱり、自分で運が悪くなるようにしていたようです。
 
 
 運がいい時はどうでしょう。
 
 
 そこには、行動的な自分がいます。
 
 そして、チャレンジ精神が旺盛な自分がいます。
 
 
 やはり、いいことが起こるように仕向けているのです。
 
 
 そういう時は、いろんなことがうまく行きます。
 
 
 先日、鵜戸(ウド)神宮に行きました。
 
 地元、宮崎の神社で、日本神話でも全国的にも有名です。
 
 
 断崖の中腹に大きな洞窟があり、その中に社殿があります。
 
 また、日向灘に面しているせいもあり景観が本当にすばらしいところです。
 
 
 そこで有名なのは、「運玉」と呼ばれるものです。
 
 直径2cmほどの素焼きの玉を、男性は左手、女性は右手で
 
 海に浮かぶ「亀石」の穴にめがけて投げるのです。
 
 
 穴に入ると願いが叶うと言われています。
 
 
 家族で行って、私は運玉を3個取りました。
 (ちなみに、5個で100円です)
 
 
 2個投げたところで、2個とも穴の手前でした。
 
 そこで、最後の3個目で少し力を入れて投げたらポチャーンと入りました。
 
 
 松坂投手になった気分でした(笑)
 
 男性は左手で投げるので、なかなか入らないみたいです。
 
 
 願い事をするのを忘れてましたが、こういうときは、
 
 欲を出さない方がいいのかもしれません。
 
 
 「運は、自分で運んでくるもの」
 
 そう思うと、人生が楽しくなります。

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

個で稼ぐ力をつけよう!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

By |2007-10-31T21:09:01+00:002007年 10月 31日|Categories: 自由に生きるヒント, 宮崎, 神宮・神社|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

ライフチェンジラボの宮崎定例会&懇親会、盛り上がりました!

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/16 – 2018/07/22】

お急ぎください〜ビッグセール本日まで!『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』

ライフチェンジ・コンサルティングを始めます!

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…


人気の記事ランキング