| 

アップルが選んだ2015ベスト「ミュージック・映画・本」を紹介!Best of 2015

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

Appleが「ミュージック・映画・本・iPhoneアプリ・iPadアプリ」の
「Best of 2015」を発表しました!

このページでは、「ミュージック・映画・本」の
「Best of 2015」をご紹介します!

  
説明はサイトから引用しています!
 
 
アップルが選んだ2015ベスト「iPhoneアプリ・iPadアプリ」の
Best of 2015はこちらからご覧になれます。

2015年のベストミュージック

2015年のベストアーティスト 「tofubeats」

前作から1年というタイミングで本作をリリースしたtofubeats。

その間にもリミックスのリリースや、他アーティストの作品への参加など、スピード感とクオリティを伴った多作ぶりが際立つ。

多彩なゲストとのコラボが揃ったこの作品ではプロデューサー的側面も打ち出し、J-Popとクラブミュージックの次世代バランス感覚を追求している。
(iTunes スタッフメモ)

 
 
2015年のベストニューアーティスト 「Suchmos」

EP「Essence」で話題を集めた5人組バンド、Suchmos のファースト・アルバム。

セクシーなヴォーカルと、少しレイドバックしたグルーヴを組み合わせて奏でる適温のソウル・ミュージックが心地良い。

6曲目の “Burn” を軸にして、前半はエレクトリック・ピアノでアーバンな浮遊感を、後半はギターでヘヴィーなスケール感を表現しているかのような構成で、このバンドが持つサウンドに対する柔軟性を感じられる。

20代のメンバーが鳴らすニューソウルは、彼らが影響を受けている90年代に、熱心に音楽を聴いていた現在30代以降のリスナーにも響くはず。
(iTunes スタッフメモ)

 
 
2015年のベストアルバム
 「PLANET SEVEN三代目 J Soul Brothers
from EXILE TRIBE」

J-Popシーンを語る上で欠かす事の出来ないグループ、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのオリジナルアルバム 「PLANET SEVEN」。

オープニングを飾る”Eeny, meeny, miny, moe!”を始め数々のヒット曲を交えた本作は、多くの人々に支持された。

またボーカルの今市隆二と登坂広臣の歌唱力、表現力と共に、緻密に作られたバックトラックにも注目。

円熟しつつも勢いが止まらないグループの実力を感じられるアルバムと言えるだろう。
(iTunes スタッフメモ)

 
 
2015年のベストソング
「Drag Me Down / One Direction」

世界中を震撼させた衝撃のメンバー脱退という大きな試練を乗り越え、通算5作目となるニューアルバム「Made In The A.M.|メイド・イン・ザ・A.M.」からのリードシングル”Drag Me Down” で力強く新章の幕開けを告げた。

「誰もぼくのことを引きずりおろすことはできない」と4人が曲中で宣言するこのトラックは過去最大のヒットとなり、早くもニュースタンダードとして世界中のファンに愛されている。
(iTunes スタッフメモ)

2015年のベスト映画

2015年のベスト 大ヒット映画
 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

愛する者を失ったマックスと2人の反逆者フュリオサとニュークス、自由と生き残りを賭けた3人のMADな戦いとは。

絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。

資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。

凄まじい追跡、炸裂するバトル……。
絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

 
 
2015年のベスト 監督作品
「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

第87回アカデミー賞®で最多4冠(作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞)。

かつてスーパーヒーロー映画で大スターとなったが仕事も家族も失った落ち目の俳優が、復活を賭け奮闘する様をブラックユーモア満載で描く、人生再生のドラマ。

シリーズ終了から20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー”バードマン”。

だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。

再起を決意したリーガンは、脚色・演出・主演を兼ねてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。

ところが代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。

しかも決別したはずの”バードマン”が現れ、彼を責め立てる…。

 
 
2015年のベスト 日本映画 「ビリギャル」

さやか(有村架純)は高校2年生。
中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。

いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。

でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。
対応した塾講師の坪田(伊藤淳史)もびっくりの彼女の知識は小4レベル。

聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。

それでも夢は大きく第1志望はチョー難関の慶應大学!(←ゼッタイ無理!)
「さやかが慶應なんてチョーウケる~!」。

こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった!

夜も寝ないで頑張るさやかだが、偏差値70の慶應は甘くない。
周囲からはののしられ、成績は伸びず、友達とも遊べない。

それでも支えてくれる周囲の人たちのため、さやかは慶應合格に向け走り続ける。

 
 
2015年のベスト ファミリー映画
 「インサイド・ヘッド インサイド・ヘッド」

11才の少女ライリーの頭の中の“5つの感情たち”
ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。

遠い街への引っ越しをきっかけに不安定になったライリーの心の中で、ヨロコビとカナシミは迷子になってしまう。

ライリーはこのまま感情を失い、心が壊れてしまうのか?

驚きに満ちた“頭の中の世界”で繰り広げられる、ディズニー/ピクサーの感動の冒険ファンタジー。

観終わった時、あなたはきっと、自分をもっと好きになっている。

2015年のベストブック

2015年のベスト 小説
「火星に住むつもりかい? / 伊坂幸太郎」

住人が相互に監視し、密告する。
危険人物とされた人間はギロチンにかけられる――身に覚えがなくとも。

交代制の安全地区と、そこに配置される平和警察。
この制度が出来て犯罪件数が減っているというが……。

今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、刑に処された。
こんな暴挙が許されるのか? 

そのとき! 全身黒ずくめで、謎の武器を操る正義の味方が、
平和警察に立ちはだかる!

らしさ満載、破格の娯楽小説!!

 
 
2015年のベスト マンガ
 「雪花の虎 / 東村アキコ」

戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。
毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった―――

時は享禄二年、1529年。
越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生する。

不甲斐ない嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子は、しかし女児だった。

失望する為景だったが、すぐに決意を新たにする。
「この子を、姫武将として育てる」「名を虎千代とする」と――

 
 
2015年のベスト ミステリー
「流 / 東山彰良」

青春は、謎と輝きに満ちている――台湾生まれ、日本育ち。
「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ!

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。

1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は殺された。
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。

大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。
超弩級の才能が紡ぐ、友情と恋、復讐と死、一家の歴史、人生、命の物語。

 
 
2015年のベスト ビジネスブック
「新・100年予測 ヨーロッパ炎上 /
ジョージ・フリードマン、夏目大」

「戦争の世紀」はふたたび繰り返す!?

EUを設立することで平和の構築をめざしてきたヨーロッパだが、依然として各地に紛争の火種を残したままだ。

『100年予測』『続・100年予測』で大胆な未来予想を展開した著者が見る、ヨーロッパの迫り来る危機とは?

 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

↓関からのお知らせ

★収入・仕事保証!
Webライター起業塾「1月最終説明選考会」参加者募集!

★関達也の個人コンサルティング
一緒に解決方法を見つけていきます。
宮崎・東京・スカイプ、出張(全国対応)で募集中!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読み継がれている
読者6万人『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

歯のクリーニングしてきました!@麻布十番

ネットで安定して稼ぐ方法とは?いますぐオウンドメディアを始めよう@個人コンサル

銀座 歩行者天国

銀座に行きましたが、目当ての商品がありませんでした〜

関達也の週間つぶやきまとめ【2019/01/07 – 2019/01/13】

副業、複業、起業に興味がある方へ「最後のチャンス」

なぜオンラインに力を入れるべきか?9つの長所