You are here:-絶好調な1日になる「7つの朝の習慣」

絶好調な1日になる「7つの朝の習慣」

1日中絶好調にやる気が湧いて
気持ちがいい1日を過ごせるとき、
朝の過ごし方が大きく影響しきます。
 
朝何をすると調子が良いかは、
人によって違います。
 
僕が色々検証した結果
良かったことを7つ挙げたいと思います。

一部、おすすめの本を
合わせてご紹介します!

1.朝起きたら水を飲む

水を飲むと、
細胞から身体全体が目覚め
スッキリしてきます。
 
まずはコップ一杯の水から始めて
慣れてきたら500ml飲みましょう。
 
室温と同じ温度がおすすめです。
 
寝る前に水をテーブルの上に
準備しておくといいです。

2.顔を洗って着替える

僕は身体を動かしに出掛けるので、
朝はジャージに着替えます。

3.神棚に拝礼する

神棚のお札には
天照大御神と氏神、
好きな神社を祀ります。

 
神社系の本はいろいろありますが、
成功を目指されている方におすすめの本は
『成功する人が通う神社ベストランキング』です。

神社に詳しい4人の専門家によって
ランキング付けされているので
参考になってかなり面白いです。

神棚の祀り方などについても
分かりやすく書かれているのでおすすめです。

4.瞑想

部屋や公園など
気持ちが落ち着く場所で瞑想します。
 
5分以上がおすすめです。

瞑想とマインドフルネスを
取り入れていくといいです。

マインドフルネスとは、いまに意識を集中させて
五感や心で感じたまま全ての価値判断を捨て
あるがままに現実を受け入れることです。

 
瞑想とマインドフルネスを取り入れるのに
おすすめの本は『マインドフルネス瞑想入門』です。

5.アファメーション

今日1日のことや目標、
なりたい自分についてなど
アファメーションします。

アファメーションと言えばルー・タイス。
必読です。

6.エクササイズ

ウォーキングやジョギング、
ストレッチ(動的・静的)などを
行います。

静的ストレッチのおすすめ本はこれ。
僕は下半身のストレッチが特に効きます、、

7.計画を立てる

瞑想やアファメーション、
身体を動かすことで
脳が活性化しポジティブになってます。
 
その後に1日の計画や、
時期によって週・月・年などの
計画などを立てると効果的です。

 
計画を立てるのにおすすめの本は
『人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック』
です。

自分の価値観や本当にやりたいことなど
落とし込んでいくまでに時間がかかります。

しかし、一度やっておくと、
計画が立てやすくなりますし
何しろブレなくなるのでおすすめです。

 
以上です! 

絶好調な1日になると思います!
ぜひ取り入れられてみてください。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事