You are here:-紙に書いて人生変わりました

紙に書いて人生変わりました

今は必ずひとり1台、
PCやタブレット、スマホなど持ってますよね。

そのため、メモも取るときも、
それらの機器で済ませることが多いと思います。

最近ではセミナー会場でも、
PCやタブレットにメモしている方をよく見かけます。

デジタルで保存しておくと、コピーできたり、検索できたり、
整理できたり、などなど効率的なメリットはあるでしょう。
 
 
そういうことから、
「書く」という行為が昔よりも確実に減ってます。

思い返せば、メールがなかった時代は、

何か相手に伝えようとしたときは電話か手紙でした。
「ラブレター」や「交換日記」とかって懐かしいです(笑)
 
 
ちなみに、私はアイデアを出したり、
目標や計画を考えたり、
考えことをしているものなど、
よく紙に書いてます。

殴り書きノートなんかあったりもします。

デジタルは大好きですが、
紙の方が自由度が広がり発想が出てくるのです。
 
 
「どうしてかな?」と思い、ちょっと調べてみました。

すると、実は「紙に書く」ということは、
メリットがたくさんあることが分かりました。
 
 
例えば、アイデアでも悩みでも何でもいいですが、
書くのではなく、人に喋ったとしましょう。

すると、話があちこちに飛んだり、
とりとめがない話になったりすることが多いのです。

あなたも経験があるのではないでしょうか。
 
 
しかし、それを紙に書いた場合はどうでしょう。

自分と向きあうことができたり、
そのおかげで思考が整理されたり、
解決する方法が見えてきたり、
解決へ向かう力が付いたり、
しかも、ストレスが解消されたりするのです。

さらに、感謝や愛情などを書くと、
幸福度が増したり、健康状態が良くなるという
実験結果もあります。

そう考えると、交換日記やラブレターって最高ですね(笑)
あとは「日記を書く」ということもいいことです。
 
 
実は私、どん底から復活した2005年の頃は
毎日日記をつけてました。

どんな内容を書いていたのか、
その辺りのことも、2013年8月開催の
6都市セミナーでお話したいと思います。

★関達也6都市セミナー
⇒ 募集は終了しました

人生が変わる転換期は誰にでもあります。

その時、正しい方法で行えば、
必ず人生が思ったとおりの方向に向かっていきます。

 

By | 2017-08-25T13:13:31+00:00 2013年 8月 1日|Categories: マイクロプレナー成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』

人気の記事