| 

LAMY(ラミー)2000「L401」は僕が愛用する4色ボールペン〜おすすめの替芯も紹介

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

この時期は購買意欲高まりませんか?
 
最近、またアナログの文房具に
ハマりつつあります。

ノートなど物色している時に、
シンプルで渋くスタイリッシュ
4色ボールペンを見つけて
早速愛用しております。

シンプルかつ渋くスタイリッシュな4色ボールペン LAMY(ラミー)2000 L401

渋くスタイリッシュな4色ボールペンとは、
LAMY(ラミー)2000シリーズ
L401というペンです。

LAMY(ラミー)2000 L401 4色ボールペン
 
 
LAMYはドイツのブランドです。

会社名もラミー(Lamy)で、
ドイツのハイデルベルクに
本社を構える筆記具メーカー
です。
 
 
LAMYには、いろんな製品や
バリエーションがあります。
 
LAMYは文房具店にもよく置いてあるので、
ご存知の方も多いかもしれませんね。

LAMY Safari(サファリ)シリーズ
見たことがあるのではないでしょうか?

LAMY(ラミー)2000シリーズ

今回、LAMY(ラミー)2000シリーズ
4色ボールペンを探していて初めて知りました。

ボールペン以外に
万年筆やシャープペンシルもあり、
LAMY(ラミー)2000だけでも
いろんなバリエーションがあるんですね〜

 
 
LAMY(ラミー)2000シリーズは、
表面加工の工作精度が抜群に優れているので
ボディのつなぎ目がわからないほど綺麗です。

どれもシンプルでスタイリッシュですね!

LAMY(ラミー)2000シリーズ
 
 
上の種類と税抜価格(定価)は以下の通り。

・L01-EF/L01-F/L01-M/L01-B 万年筆(14金ペン先) ¥30,000
・LM301 ローラーボール ¥15,000
L401 4色油性ボールペン ¥12,000
・L201 油性ボールペン ¥10,000
・L101 ペンシル ¥10,000

LAMY2000 L401は、一見4色ボールペンにはまったく思えないシンプルさが凄い

今回のLAMY2000のL401ですが、
一見4色ボールペンにはまったく思えない
スタイリッシュなシンプルさが素晴らしいです。

LAMY(ラミー)2000 L401 4色ボールペン
 
 
なんとLAMY2000シリーズのデザインは、
50年前から変わってないそうです。
 
変わらぬデザインと機能が
50年経っても愛されてる、、
それだけ惹かれてしまいます〜
 
 
このLAMY2000 L401の定価は12,960円
 
パイロットのフリクションボールの通常版が
なんと20本買える値段です… 
 
 
しかし、Amazonだと激安なんです!

(最近は楽天市場も安くなってます)
 
僕も、もちろんAmazonで買いました。

 
到着して箱を開けると、
LAMY2000 L401が美しく収まってました。

LAMY(ラミー)2000 L401 4色ボールペン

LAMY(ラミー)2000 L401 4色ボールペン
 
 
スッキリした見た目と
マットな質感に高級感を感じます。

 
 
色はどうやって選択して出すかというと、
使いたい色を上にしてプッシュすると
該当する色が出るようになってます。

 
芯が出るときの
シャリシャリ(ジャリジャリ)という音が
少し時代を感じるノスタルジックな感じがします。

LAMY2000 L401は書き味が悪い!?

いい感じだ〜と思って
早速文字を書いてみたところ、
難点がありました、、
 
 
書き味が悪いのです、、
 
書き始めが、かすれることがあるんです。
 
もう1点、嬉しくない点は
純正のLAMYの替芯(リフィル)が
1本432円と高い〜

 
書き味が悪く、替芯が高いというのは
結構なデメリットですね。

 
 
そこでググってみると、
やはり同じような意見がたくさんでした。
 
で、みなさん賢くて驚きました。

他のメーカーの替芯に変えてたのです。
結構、速攻で笑

LAMY2000 L401のおすすめの替芯とは?

有り難いことに
LAMY2000 L401は4C規格で、
他社メーカと互換性があります。
 
 
どの替芯がいいのかググッたところ、
一番人気はあの書き味が良くて有名な
「JetStream(三菱鉛筆)」の替芯のようです。

 
品番は「SXR20005」です。

 
「JetStream」なら間違いないですよね。
 
ただ、緑がないんですね、、
 
そして価格は1本216円
 
 
もう少し安いものがないかな?、、
と思ってググっていると、
「アクロインキ(パイロット)の替芯がおすすめ」
という記事をちらほら見かけました。
 
アクロインキは4色揃ってます。
品番は「BRFS-10F」です。
 
そして1本108円という安さ!

 
というわけで、
僕はアクロインキを買いました!

アクロインキ
 
 
どうしても「JetStreamがいい!」という人は、
緑だけアクロインキ「BRFS-10F」を
選択するといいですね。

 
 
なお、ヨドバシカメラだと
「BRFS-10F」が1本ずつ買えます!
http://www.yodobashi.com/

しかしヨドバシカメラは送料無料で
都内はすぐ届くので本当にスゴイ。

しかもこの連絡には驚愕、、


 
 
というわけで、
LAMY(ラミー)2000 L401の紹介でした!
 
予定や計画、アイデアなど書きまくってください。
僕は書きまくってます!
 
参考になれば幸いです!

他のLAMY(ラミー)2000シリーズ

最後に、ラミー2000の別のモデルを紹介します。

以下のモデルには
残念ながら4色ボールペンはありませんが、
どれも魅力です。

ラミー2000 ブラックアンバー(LAMYデザイン50周年アニバーサリーモデル)

ラミー2000 ブラックアンバー(LAMYデザイン50周年アニバーサリーモデル)
 
  
ステンレスボディに
錫とニッケルを混ぜ合わせて生み出した
LAMYデザイン50周年アニバーサリーモデル
「ラミー2000 ブラックアンバー」

・L02BA-EF/L02BA-F/L02BA-M/L02BA-B ブラックアンバー 万年筆 ¥70,000
・L302BA ブラックアンバー ローラーボール ¥50,000
・L202BA ブラックアンバー ボールペン ¥40,000
 
 
記念の刻印としてLAMYロゴの右下に“50”、
キャップの下部にはシリアルナンバーが
刻まれています。
 
高級感ありますね!

ラミー2000 プレミエステンレス

ラミー2000 プレミエステンレス
 
 
オールステンレスの
「ラミー2000 プレミエステンレス」

・L02-EF/L02-F/L02-M/L02-B ステンレス万年筆 (14金ペン先) ¥45,000
・L302 ローラーボール ¥30,000
・L202S ボールペン ¥25,000
 
 
クラシックモダンなデザインです。
クールな質感もいいですね!

ラミー2000 ブラックウッド

ラミー2000 ブラックウッド
 
 
ボディ素材に天然のグラナディラ材
(アフリカンブラックウッド)を用いた
「ラミー2000 ブラックウッド」

・L203 油性ボールペン ¥20,000
 
 
グラナディラは赤道直下の一部地域のみに育つ
非常に希少な木材だそうです。

高級クラリネットやオーボエなどに使用されているだけに、
高級感あり色合いですね!

ラミー2000 タクサス

ラミー2000 タクサス
 
 
西洋イチイを用いた
「ラミー2000 タクサス」

・L203TAX 油性ボールペン ¥20,000
 
 
西洋イチイは
加工しやすく狂いが生じにくいことから、
工芸品や家具などに用いられます。

美しい杢目がいいですね!
 
 
いろいろ欲しくなりますね笑

スケジュール帳の記入の時は、パイロットのフリクションボール(3色ボールペン)を使ってます

ちなみに、スケジュール帳に記入する時などには、
パイロットのフリクションボールの
3色ボールペン
を使ってます。
 
フリクションボールペンは
消すことが簡単なので、
書き直すことが多いものには
かなり重宝しますね。

 
 
愛用しているのは
グリップ部がウッド(カバ材)のタイプで
1本定価2,160円です。

 
下の通常のタイプは648円です。

 
グリップ部がウッドタイプは、
余裕で通常のタイプが3本買える値段です。

ですが、グリップ部のウッドの心地良さと
少し高級感ある感じが好きで愛用してます。

パイロットのフリクションボール LAMY 2000 L401
 
 
〜終わりなき探求の旅は続く~

↓関からのお知らせ〜

★月3〜5万円の収入を増やしたい方必見!
7日間限定!すぐに受け取ってください!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読まれ続けている
人生を変える最新情報やノウハウが無料で読める!

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

サンクチュアリ出版で打ち合わせ!アイデアもお話ししてきました!

思わず見とれるイルミネーションたち@六本木

あなたのやりたいことを実現する方法

深夜の散歩は気持ちいい〜@東京タワー

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/11/05 – 2018/11/11】

【無料プレゼント!】月3〜5万円の収入を増やしたい方必見!(7日間限定)


人気の記事ランキング