You are here:-手堅く成果が出る3か条【成功体質148】

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

 
 昔、私はテレアポのアルバイトをしたことがあります。
 
 確か、DDIのお得な電話回線の電話営業だったと思います。
 
 
 渡されたリストに片っ端から電話をかけていき、
 
 アポを取るという仕事でした。
 
 
 
 テレアポのスタッフの多くは女性で、20人以上いました。
 
 男性は3人ぐらいでした。
 
 
 成績がグラフで貼り出されていましたが、
 
 成績上位は女性ばかり。
 
 
 上位の人は電話のプロみたいな人たちだらけで、
 
 とても太刀打ち出来ないと思いました。
 
 
 
 しかし、そもそも私は、電話のプロになるために
 
 そのバイトを選んだわけではありませんでした。
 
 
 他の目的があったのですが、
 
 そのバイトをきっかけに私は電話が嫌いになってしまいました。。。
 
 
 
 その後、自分で会社を興しました。
 
 
 仕事上、嫌でも電話を利用しなければならなくなったのです。
 
 (まだインターネットを使ってなかった頃です)
 
 
 しかし、もうバイトではありません。
 
 
 
 最初は「電話が嫌い」という意識がありましたが、
 
 「電話応対がうまくなれば売上げに繋がる」ということで、
 
 電話を好きになろうとしました。
 
 
 お客さんや業者をできるだけ身近に感じるようにしたり、
 
 笑顔を作って電話に出たりなどしました。
 
 
 
 また、お客さんや業者と話しながら、
 
 基本的な言語遣いやフレーズを覚えていきました。
 
 
 
 そして、電話応対には、注文の際の流れ、問い合わせの際の流れなど、
 
 ある程度のパターンがあることに気付きました。
 
 
 そのパターンの型が自分なりに出来ていくに従い、
 
 気が付けば電話応対がプロレベルになったのです。
 
 
 
 とは言っても、テレアポはやりませんが(笑)
 
 
 
 この経験で、私が学んだことは次の3つです。
 
 
 1.やるべきことを好きになる
 
 2.基本を学ぶ
 
 3.自分の型を作ってマスターする
 
 
 
 電話応対を例に出しましたが、
 
 この3つはどんな仕事にも共通することです。
 
 
 そして、手堅く成果が出る方法です。
 
 
 私たちは、ついつい仕事を複雑に考えてしまいがちです。
 
 
 ですが、この3か条のとおりシンプルにやれば、
 
 必ず成果が出せるでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございます!
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

関達也のプロフィールを見る

 

By | 2012-11-06T21:10:26+00:00 2012年 11月 6日|Categories: 成功体質500話, 成功し続ける成功法則|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事