「成功」という言葉を見たとき、どんなことを想像しますか?
最初私は、次のようなことを思い浮かびました。
※ここに挙げた何らかのキーワードがアメブロのフィルタリングに
 かかったようで、記事が非表示になってしまってました^^;
 そのため、この部分を削除して再度アップしました。

などなど。
成功を目指す人であれば、このようなことを
一つや二つは思い描いたことがあるのではないでしょうか?
また、成功には明確な目標が必要です。
収入はいくらか、どういう人物になりたいか、何がやりたいか、
どういう生き方をしたいか、といった明確なビジョンを持つことが大切です。
さて、ここで「ビジョン」という言葉がでてきました。
もし、あなたがビジョンをどこかに書き出していたら
それを見てもらいたいと思います。
書いてない人は、思い出してみてください。
そこにはどんなビジョンがありましたでしょうか?
例えば、こんな感じでしょうか?
「年収1000万円になって、モデル並みの美しい女性と結婚する。
子供は、男の子と女の子の二人。
高級マンションの最上階に住み、年に4回の海外旅行。
日常はというと、朝6時に目覚めて、朝陽を浴びながら海辺を散歩。
トレーニングをしてシャワーを浴びる。
フレッシュジュースと朝食を妻と一緒にとる。
海を見ながらメルマガと本の執筆をして、お昼は近所のカフェで。
午後から妻とショッピング、夕方に少し仕事をして、家族で夕食。
子供とお風呂に入り、夜は読書をして眠りにつく。。。」
人それぞれいろんなビジョンがありますよね。
さて、↑のビジョンを見て何か気付きませんか?
そう、このビジョンには自分自身のビジョンしかありません。
実は、このような人が多いのです。
ビジネスの成功とは何でしょう?
黒字にならないと会社は潰れますから、
単刀直入に言えば、多くのお客さんからお金をいただくことです。
お客さんからお金をいただくとは、つまり、
多くのお客さんを幸せにして、「ありがとう」と感謝の言葉をもらうこと、
それが成功に繋がるということになります。
言われてみれば当然のことですが、
常にお客さんのことを考えているのか?と聞かれれば
そうではない人が多いと思います。
私も反省することがあります。
もちろん、自分のビジョンは大事です。
でも、それに加えてお客さんのビジョンを持つことが
成功し続ける秘訣になるということになります。
お客さんのビジョンを持つにはどうすればいいかというと、
お客さんが何に困ってるのか、どうしたら助けることができるのか、
どうすれば幸せになるのか、お客さんの価値観は何なのか、夢は何なのか、
など、お客さんのことを知ることです。
昨日もお知らせしましたが、私は今度セミナーを開きます。
http://www.netkigyo.com/2012s5/
そのセミナー募集のページでも書きましたが、
最初は自分のビジョンだけを見て突っ走ってきました。
でも、今はそうではありません。
3度のどん底を見てきたせいか、ほんの小さな幸せを感じた時から
人の役に立ちたいという思いが芽生えました。
今までもできることをやってきましたが、
今回はセミナーでそれを実現したいと真剣に考えています。
なお、セミナーは、先行割引もありますし、席数も限られてます。
まだ見られてない人や検討中の方は、ぜひお早めにご覧ください。
奴隷脱獄宣言セミナー!!(先行割引あり!残り6名)
 ⇒ http://www.netkigyo.com/2012s5/

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2012-05-19T17:10:21+00:00 2012年 5月 19日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング