You are here:-2014年、加速して成功したい方へ【成功体質436】

2014年、加速して成功したい方へ【成功体質436】

今日は1月3日でしたが、
正月や1月は日が過ぎるのが遅いと感じませんか?

例えば、1月7日ぐらいになっても、
「年が明けてまだ1週間なんだ。随分経った気がするな~」
という感じではないでしょうか?
 
 
しかし、月日が経つにつれ感じ方が変わります。

どのように変わるかというと、
3月が終わりになる頃は、
「えー、もう1年も4分の1が終わるのかー」
と言っていたり、
 
7月に入った頃は、
「もう1年の半分が終わったの?早いなー」
と言っていたりするわけです。

そして、12月になると、
「1年ってあっという間だよね~」
と言っているのです。
 
 
1日1日は同じ24時間のはずですよね。

でも、1年というスパンで振り返ると、
「過ぎてしまえばあっという間」という感覚から、
1年が早く感じてしまうということがあります。
 
 
他にも時間について語ると諸々もありますが、
今日僕がお伝えしたいことは、
「1年は過ぎてしまえばあっという間で、
加速がついたように過ぎていく」
ということです。
 
 
そして、この「加速」が今日のポイントです。
 
 
何となく1年を生きる人も、
1年のテーマや目標の達成を目指して生きる人も
同じように1年が過ぎ2014年の大晦日がやってきます。

どちらも、加速がついた状態で1年が終わるのですが、
加速がつくと「やり続けていること」にも加速がつきます。
 
 
ということはどういうことかというと、
何となく1月2月3月・・・と生きる人は、
その「何となく」に加速がついて、
大晦日まで「何となく生きる」可能性が高いというわけです。

対して、テーマや目標の達成を目指して1月2月3月・・・と生きる人は、
「達成を目指すこと」に加速がついて、
大晦日まで「達成しながら生きる」可能性が高い
ということになります。
 
 
1月は単に1年のスタート月ということではなく、
「成功の加速をつけるためにかなり重要な月である」と言えます。

というわけで、この1月は1年で達成したいことを明確にして
いいスタートを切っていただきたいと思います。

いいスタートが切れればどんどん加速しますので、
助走もイメージされて行動されることをおすすめします。
 
僕も達成目指して頑張ります!

 

By | 2017-08-21T04:25:17+00:00 2014年 1月 3日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事